てくてく歩記
  サラダホール(阪南市)のロビーに飾られるコットンクリスマスツリー。見かけたことがある方も多いと思います。このツリーのコットン、実は『阪南コットンワークス』というボランティア団体が阪南市で種まきから収穫まで行っているものなんです。
 『棉を賞でる』文化が根付いてほしいと活動されています。今年7月には、貝掛にある古民家を改装し『棉の木の館』をオープン。ふるさと納税の返礼品にも選ばれている棉を展示、イベントではミニ機織り機で機織り体験や、糸紡ぎ体験もできます。
読者応募はがきからの「VOICE」も読んでね?♪