てくてく歩記
 熊取町野外活動ふれあい広場の一画にブルーベリー農園があるのをご存知でしょうか。熊取町で「特産品となるものを作りたい!」そんな思いから始まり、町の支援を受けて「和田山Berry Park」が昨年7月にOPENされました。農園を作るのに一役かったのはNPO法人グリーンパーク熊取の方々。長く野外活動ふれあい広場の管理・運営をされている総勢70名からなるボランティア団体ですが、ブルーベリーを育てるのは初めてのこと、全て一からのスタートだったそうです。農園のある土地はもともと田んぼだった為、粘土質で水はけが悪く、ブルーベリーには不向きでしたが、土壌改良や畝を高く作るなどの工夫で、幾度かの失敗を経て無事木が育ち「味覚狩り」が楽しめるまでになりました。
 今年は昨年よりも出来が良く、240本の木が鈴なりの実をつけ元気に育っています。目標は600本!今後は農園を増やし、野外活動ふれあい広場とともに「まる1日自然と遊べる滞在型施設を作っていきたい」とグリーンパーク熊取の皆さんの挑戦は続きます。
 キャンプやBBQ、炭焼きなどさまざまな体験ができ、さらに今年はお手製のピザ釜が初披露されているので、お子さま連れで夏を愉しみにお出かけしてみて下さい♪
読者応募はがきからの「VOICE」も読んでね?♪