てくてく歩記
 和泉リサイクル環境公園は1999年4月29日(みどりの日)に総合リサイクル事 業を目指す大栄環境グループの地域貢献事業の一環としてオープンしました。
 1980年から8年間、産業廃棄物の埋め立て地とされていたこの土地の廃棄物を 適正に処分し再び甦らせ、花とスポーツの農業公園として開発し、今では年間30 万人以上の方が訪れています。
 最終処分場として利用される土地も大切に活用しなければならない「資源」の ひとつと考え、「自然あふれる空間を責任をもって育んでいく」「適正な廃棄物処 理の可能性を広く知ってもらう」という思いを形にした公園です。
 春は公園内の農場一面に様々な花のじゅうたんが広がる季節。豊かな自然あふ れる和泉リサイクル環境公園にぜひお出かけしてみてください!
読者応募はがきからの「VOICE」も読んでね?♪