てくてく歩記
 紀州東照宮は、和歌山県和歌山市和歌浦に鎮座する神社です。江戸幕府 初代将軍である徳川家康公を東照大権現とし、紀州藩 初代藩主の徳川頼宣公を南龍大神として祀られています。
 南海道の総鎮護として元和7年(1621年)に徳川家康公の十男である紀州藩祖・徳川頼宣公によって創建されました。和歌浦一の名所として、今も「権現様」と仰がれ親しまれています。ご本殿は侍坂と呼ばれる108段の石段の上にあります。
 関西日光の名に相応しく左甚五郎の彫刻や狩野・土佐両派の絵画等に荘厳な極彩色に輝く社殿は、桃山時代の豪華な風姿を示す江戸初期の建築物として国の重要文化財に指定されています。
 鳥居をくぐると、青石が敷き詰められた参道の両脇には石灯籠が並びます。緑に囲まれた参道を歩いて行くと急勾配の108段の石段「侍坂」にたどり着きます。108段の石段を登ると朱塗りの楼門が見えます。そこからは和歌浦の海がきれいに見え、登ってきた疲れを癒してくれます。
読者応募はがきからの「VOICE」も読んでね?♪